ココナッツオイルとオメガ3の関係って?

前回までは、オメガ3やオメガ6の特徴について書いてきました。併せてもう一つ注目するべき脂肪酸があります。このブログのタイトルであるココナッツオイルです。オメガ3もダイエット効果があることが知られていますが、ココナッツオイルはまた違った方向からダイエットに効果が期待できます。ココナッツオイルは植物なので、不飽和脂肪酸かと思っていましたが、動物から摂れる脂肪が分類されている飽和脂肪酸に含まれることが分かりました。飽和脂肪酸はお肉から摂れる油なのでダイエットには向いてないのではないかと思いますが、モデルさんなどがダイエットや美容効果の目的で使っています。どのような効果があるのか見ていきましょう。色々調べていると少々難しいのですが、簡単にいうと体内のエネルギーを燃えやすくしてくれる働きがあります。便秘解消にも効果があるので確かにダイエットに向いています。しかし食品でダイエットをしようと思うと、そればかり摂り入れてしまうという落とし穴にはまってしまいます。オメガ3とオメガ6をバランス良く摂ることが大切なように、ココナッツオイルとオメガ3も一緒に同時に摂ることでさらにダイエット効果に期待が持てます。ココナッツオイルでエネルギーを燃えやすくし、青魚やエゴマ油で血行を良くして代謝を良くするということです。さらにココナッツオイルには便秘にも良いとされています。ダイエットに便秘は大敵です。相乗効果がありますね。

オメガ6が含まれている油の取り過ぎで血行が悪くなり、肌荒れにつながります。さらに便秘が続くと体内に老廃物が溜まって肌荒れにつながります。ココナッツオイルとオメガ3の油を使ってダイエットを行う場合、肌荒れの改善も一緒にできるということになります。

ココナッツオイルの紹介をテレビで見た時、ある外国のスーパーで売られている場面が出てきて、リポーターが紹介していました。食品として売られていましたが、スキンケアとして体に塗っている様子も放送されていました。食べることと併せて、外から保湿効果として使われています。オイルがここまでダイエットや美肌に効果があるなんで信じられませんが、摂り入れない理由はないですね。

オメガ3で血液サラサラ

前回はオメガ6のデメリットが中心の内容を書きましたが、今回はオメガ3の効果についてです。オメガ3は血液をサラサラにする、炎症を抑える働きをするなど血液がドロドロになる生活を改めてくれる働きがあります。血液がドロドロになると高血圧になり、心臓に負担がかかるなど生活習慣病につながります。私は現在妊娠8か月のため高血圧にも注意しなければなりません。妊婦で血圧が高いと妊娠高血圧症といって、重大な病気にかかってしまうのです。それを防ぐためにもオメガ3は必要な栄養素と言えます。私なんかは特にオメガ3を摂り入れるために、青魚、エゴマ油、チアシード油、くるみなどを食べなければ行けないのですが、正直なところ摂れていません。オメガ6の油ばかり食べてしまっていると思います。今すぐ食生活で始められそうな食材と言えば、サバやイワシを摂ることくらいしかできそうにないのですが、早急に改善しなければいけないと思っています。つい最近コンビニでチアシード入りの紅茶がパックになって売られているのを見かけました。チャレンジしようかと試みましたが、どうもチアシードの見た目に引いてしまい購入できませんでした。しかし、エゴマ油やチアシード油を大量に摂る必要はなく、1日小さじ1杯~大さじ1杯程度取り、オメガ6の油の摂取を控えればバランスが摂れてくるので、無理なく始められそうですね。私も早く手を付けなければいけないです。ただオメガ3も油なので、食べ過ぎたら体重増加につながるので、気を付けなければいけません。あとは、血液サラサラはとてもいいことなのですが、オメガ3の取り過ぎで血が止まりにくくなるのでこれも注意が必要ですね。お腹を下しやすくもなると言われています。少量で良いと分かれば安心です。油をそのまま食べるのには抵抗があるので。食品からとるのがどうしても抵抗がある場合は、サプリに頼ってみるのもいいですね。手軽にバランスよく摂り入れたいです。


 

油はバランスが大事‼


オメガ3の事が気になりだし、昨日はサバ缶とキャベツを使った料理を晩御飯に食べ、春巻きを作ったのですが、オリーブオイルで焼きました。でも具を炒める時に、サラダ油は使ってしまいました。オメガ3やオメガ6ですが、意識して情報収集しなければあまりピンと来ないかと思います。全く知らない人であれば、少し専門的な言葉なのであまり印象に残らないかもしれません。実際私がそうです。以前、デパ地下で友人にプレゼントをするために調味料コーナーを物色していました。別の友人と一緒に探していたのですが、その時にチアシード油やエゴマ油が大きく売り出されており、友人もエゴマ油が流行っていると言い出しました。そこで初めてエゴマ油という存在を知りました。体にいいのだろうけど、何がどういいのかそこでは突き詰めずに、とりあえず良さそうだし、良い油はあまり自分では買わないだろうということで、お土産に買いました。食の欧米化が進んでいるので、太りやすくなったり、病気にかかったりすると言われています。欧米の食事はオメガ6の油が中心に使われているので、そのためだからです。少し細かく見ていきますと、オメガ3やオメガ6は油のことです。油、即ち栄養素の名前として言うと「脂質」とか「脂肪」です。ダイエットの大敵である脂肪です。この脂肪という栄養素の中に飽和脂肪酸と不飽和脂脂肪酸があります。飽和脂肪酸はお肉や乳製品など動物性から摂れるもの。不飽和脂肪酸はオリーブなど植物から摂れるもので、この不飽和脂肪酸の中に、オメガ3、オメガ6、オメガ9が存在している訳です。こうしてみると、植物性の脂肪だから3でも6でも9でもどれでも良いかと思ってしまうのは私だけでしょうか。もう少し油で考えてみると、エゴマ油やチアシード油はオメガ3、サラダ油やマヨネーズはオメガ6、オリーブオイルはオメガ9となります。どれもバランスよく摂ることが大事なのですが、何も考えないでいると、オメガ6の油でほとんど生活することになるでしょう。近くのスーパーへ行っても、大体オメガ6の油が売られていますので。このオメガ6の油の特徴は血液を固めたり、炎症を起こしやすくしたりする働きがあります。取り過ぎると健康を害してしまうんですね。でもちょっと食べ歩きをしたら、オメガ6の油ばかり使われているように思います。マヨネーズは誰からも好まれる味でおいしいので、全く食べないようにするには、かなりの覚悟が必要です。オメガ6の悪口のようなことを並べてしまいましたが、不飽和脂肪酸自体は、私たちの体内にはなく、作り出せない脂質なので、バランスよく摂り入れることが大事なのです。オメガ6を意識して少なく、オメガ3の油を意識的に摂取する。まったく油を省くと、体温を保てないなど体に影響を及ぼしてしまします。オメガ3はオメガ6とは逆の働き方をするので、次回詳しく書いていきます。まずは、不飽和脂肪酸をバランスよくとることを心がけましょう。

どんな油を使ってもいいの?

油に気を使うことは良いことだとは、何となく自分に入ってくる情報のなかで感じてはいました。トランス脂肪酸が体に良くないとか、マーガリンよりもバターを使うようにするとか、油は酸化しないように保管してできるだけ早く使うなどです。酸化した油は体に悪いので、料理に使うサラダ油は冷蔵庫に入れて保管をしています。たまに料理にオリーブオイルを使うくらいで、いつもはサラダ油を使っています。改めて油のことを考えてみましたが、なぜ冷蔵庫に入れて保管しているかというと、酸化した油を体内に取り入れると毒素として残ってしまい、お腹を壊すこともあるからです。酸化した油と言えば、匂いがかなり強いですよね。学生のころお弁当屋さんでアルバイトをしていました。おかずに揚げ物を使うのでフライヤーを使っていましたが、バイトが終わったあと自分の服に付いた油のにおいは何とも言えない油のにおいでした。本来であれば新しい油を使うのが体にはいいのですが、やはり何回か使わなければいけないので、古くなった油は茶色くなっていました。まさに参加した油ですよね。その油を使ってあげた揚げ物を次の日に食べるなんてことをしたら、さらに酸化していて、体に悪いことは確実です。普段油のことなんて気にしないですが、改めて考えると、酸化した油を避けるには日ごろから意識が必要ですね。

コロッケ、エビフライ、とんかつ、春巻き、フライドチキンまだまだおいしい揚げ物はたくさんありますが、たくさん取り過ぎると体に油がたまって、日々の積み重ねで健康を害してしまいます。揚げ物は思っている以上に油を吸っているので、ダイエットをされている方や妊婦さん、生活習慣病を予防されたい方などは多く取り過ぎないようにすることが必要です。でもおいしいので、思いっきり食べたいですけどね。一般家庭で揚げ物を作るときに使う油はサラダ油が多いと思いますが、このサラダ油は血を固めやすくしたり、炎症を起こりやすくしたりする作用があるため、注意しないといけないです。今振り返れば自分が中学生の時にニキビがかなりありました、その頃は育ち盛りで揚げ物もしっかり食べていました。実家で使っていた油は継ぎ足しの油だったのでさぞかし酸化していたことでしょう。ニキビがたくさんでき、しかも治りにくいのは当然のことですね。油の取り過ぎに注意して揚げ物を食べればいいと思いますが、サラダ油よりも体に良く酸化しにくいオリーブオイルを使うという対策もあります。オリーブオイルは酸化しにくく、サラダ油よりも健康的だと言われています。自分の食生活を振り返りましたが、あまり油に気を使っていないということを実感しました。使う油に気を使うことで、悩んでいた体調不良の改善も期待できそうです。

セラミドの保水パワー

0

セラミドの保水パワーは、肌にできたちりめんじわや肌荒れを改善する働きをしますが、セラミドを製造する際の原材料が高額なので、添加された化粧品が高級品になることも否定できません。
どんなに評判のいい化粧品でも、説明書に記載のある規定量の通りに使って、効果が望めるのです。的確な使用を行うことで、セラミド入り保湿美容液の保湿機能を、上限まで高めることが可能になります。
お肌にガッツリと潤いをプラスしてあげると、もちろん化粧のりに変化が出ます。潤い作用を最大限に活かすため、スキンケアを実行した後、5分ほど経ってから、メイクをしましょう。
更年期の諸症状など、健康状態のよくない女性が摂取していたプラセンタですけれども、常用していた女性の肌が知らぬ間にツヤのある状態に戻ったことから、きれいな肌になれる理想的な美容成分であることがはっきりしたのです。
不正確な洗顔方法をしておられるケースは別として、「化粧水の使用法」を僅かに改善するだけで、容易にますます浸透率をアップさせることが望めます。
ものの1グラム程度で何と6リットルもの水分を保有することができるというヒアルロン酸というムコ多糖類の一種は、その特徴を活かし安全性の高い保湿成分として、数え切れないほどの化粧品に調合されており、色々な効果が期待されているのです。
CMでも話題の美白化粧品。化粧水から美容液、そしてクリーム等多数あります。美白用化粧品の中でも、お試し価格で購入できるトライアルセットに的を絞って、実際に肌につけてみて効果が期待できるものをランキングにしています。
ベースとなるお手入れの流れが問題なければ、使用してみた感じや塗布した時の感じが好みであるというものをピックアップするのがベストだと思います。値段に左右されずに、肌のことを第一に考えたスキンケアをするように努めましょう。
それなりに値が張る可能性は否定できませんが、なるべく自然な形状で、それに加えて腸壁から体内に摂り込まれやすい、低分子型ヒアルロン酸のサプリをセレクトするといい効果が得られるのではないでしょうか。
このところ、色々な場面でコラーゲンなる言葉を聞きますよね。美容液や化粧品にとどまらず、健康食品の他自販機でも売っているジュースなど、手軽に入手できる商品にも加えられていて様々な効能が期待されています。
肌は水分チャージのみでは、完全に保湿できないのです。水分を貯めて、潤いを守る代表的な保湿成分の「セラミド」を今からスキンケアにプラスするというのも手っ取り早くてお勧めです。
アトピー性皮膚炎の治療法の研究をしている、沢山の臨床医がセラミドに視線を注いでいるように、肌の3大保湿因子の1つであるセラミドは、極端にセンシティブな肌を持つアトピー性皮膚炎の患者さんでも、何の心配もなく使用できると聞いています。
プラセンタサプリに関しては、現在までに好ましくない副作用でトラブルになったことはありません。それほどまでに高い安全性を持った、体にとって穏やかな成分ということになると思います。
アルコールが混合されていて、保湿に定評のある成分を一切含んでいない化粧水を繰り返し使用すると、水分が蒸発する機会に、逆に乾燥させてしまうことが多いのです。
化粧水や美容液にある水分を、ミックスするようにしながらお肌に塗り伸ばすというのがキーポイントです。スキンケアについては、何よりも余すところなく「ソフトに塗る」ようにしてください。